2017.09.21

稲穂通信。その2。

inaho_top

みなかみ町は知る人ぞ知る、米どころ。

良質で豊富な水が、森、作物、人を潤しています。

 

そして、待ちに待った!

お米の収穫を迎えようとしています。

 

ine_2

おーーー!ひと粒が、はっきりしてきましたぁ。

穂が垂れているのは、お米の一粒ひとつぶの重み。

しっかり実っている証拠ですね。

 

taue_0528_2

5月の田植の時には、こんなに小さかった稲が

4ヶ月の間に穂を付け、たっくさんのお米が実っています。

 

でもここまで実らせるには、日々、農家さんの手仕事があってこそ。

このことを忘れないように、ありがたくご飯をいただきたいものです。

 

ine_3

ところどころ、稲が倒れてしまっています。。。

これは、茎が水分を多く含み柔らかくなってしまい

お米の重みに耐えられなくなった状態です。

今年は、本当に雨が多かったので

少なからず、作物の生育に影響がでてしまっています。。。

 

農業をはじめ、田舎の暮らしは、まさに自然との共存共栄。

田舎では、雨や太陽の恵みを、実感します。

 

収穫は、10月の1週目あたりでしょうか!?

ツヤツヤの新米が待ち遠しいものです。